頬骨削りにぴったりな人

よく中高年層の人などで頬骨が前に出ている人というのもいますが、頬骨が出ていると顔が四角く見えてしまったりごつい顔に見えてしまいます。また中高年層になると肥満気味になる人もいれば痩せてしまう人もいて、痩せてしまうことで顔の頬骨もこけてしまって出てみえるということになります。頬であれば美容整形にはヒアルロン酸でふっくらとこけた部分を膨らませる事ができますが、頬骨が出ているとなれば頬骨削りをするというのが一番になります。ヒアルロン酸の場合一年もすれば元通りに戻ってしまいますが、頬骨削りであれば骨を削る施術になりますので永久に頬骨のない輪郭のままでいられることができます。中高年層の場合には皮膚などの修復にも時間がかかってしまいますので、一度の頬骨削りの施術だけで永久に理想の顔が手に入れる事ができれば安いといえます。

頬骨削りにかかる費用や時間

顔の輪郭は丸い顔や三角の顔などがありますが、女性の場合四角い顔というのはコンプレックスになる事が多いです。四角い顔には頬骨が出ていることで四角に見える人もおり、そのときには美容クリニックの頬骨削りをすることがおすすめになります。頬骨削りというのは美容整形の中でも時間がかかるコースになり、人気のプチ整形の場合10分から30分以内で終わるのに対して2時間かかる施術になります。医療の技術だからこそできる施術でもありますので、頬骨削りはカウンセリングの日にそのまま気軽に行うことはできません。きちんとカウンセリングをして施術日を決めてからになるので、それまでに健康状態も良好であるというのが重要な条件になります。また頬骨の美容整形の費用には180万円くらいかかりますので、ローンなどを利用して無理なく返済できるようしましょう。

頬骨削りにあるリスク

美容整形には簡単で手軽にできるプチ整形が増えたことで、美容整形にあったリスクというのがだいぶ少なくなっています。しかしながらプチ整形ではなくメスを使う美容整形の場合、やはりダウンタイムといったリスクがつき物になりますのでよく考えてからするようにしましょう。美容整形には頬骨削りという頬骨が張った人向けのコースがありますが、このコースでも顔の骨を削るという施術になりますのでダウンタイムがあります。頬骨は右と左と二箇所ありますので両方の骨を削ると、1ヶ月から2ヶ月は強い腫れがありますので口を動かすときには痛みを感じることがあります。半年ほどで痛みや腫れなどはすっかり落ち着きますので、この美容整形をするのであれば日にちに余裕を持って計画を立てなくてはありません。また美容整形では痛み止めやアフターケアがあるので安心です。